英語 英語試験

【英検準2級】2次試験スピーキングテスト徹底攻略

こんにちは、Lucyといいます。

アメリカの大学に進学した日本人学生のサポートがお仕事です。

最近は中学生対象のあたご浜英語教室を主宰しています。

今日は準2級スピーキングテスト攻略について調べて分かったことをお伝えします。

はじめに

先週、あたご浜英語教室で英検準2級受験予定の生徒さんのお手伝いをしていた時のことです。

スピーキングテスト過去問題をなんどが練習しているうちに、問題が見えてきたのです。

前置きは良いから、早く教えて。

分かったことをお伝えします。

はじまりはじまり。

スピーキング試験の概要

スピーキングテスト試験時間

約6分

6分で終了とは、試験会場までの所要時間のほうが長いですね。

交通費も必要ですし。

大切な休日の時間が英語の試験で減ってしまいます。

スピーキングテストの手順

受験者がスピーキングテストですることは次の通りです。

  1. 受験者が面接の部屋へ入る。
  2. 面接委員から渡される質問カードを受け取る。
  3. 質問カードに書いてあるパラグラフを20秒間黙読する。
  4. 質問カードに書いてあるパラグラフを音読する。
  5. 質問カードに関する質問3つに答える。
  6. 質問カードを裏返す。
  7. 面接委員の質問2問に答える。
なるほど、なるほど。
アニメーション動画を見る際はフラッシュプレイヤーのダウンロードが必要です。

質問カードに書いてあること

面接委員から渡される質問カードには文章と絵が描いてあります。

A3の紙に上段に50ワード超のパッセージ。

下段にはAとBの2つの絵があります。

パッセージの音読するときは

  • 明るく元気に自信をもって!
  • 意味の区切りを意識する。
  • 単語のアクセントも意識する。

5つの質問

1番目の質問 パッセージに関する質問

2番目の質問 Aの絵に関する問題

3番目の質問 Bの絵に関する問題

4番目の質問 面接委員から受験者への質問

5番目の質問 面接委員から受験者への質問

さらに詳しく

さらにふかぼりします!

1番目の問題

答えはパッセージの中にあります。

気をつけることは、答えるときの主語は代名詞で答える点。

  • 代名詞で答えると ハイスコア獲得
  • 普通に答えると  普通のスコア獲得

2番目の問題

Aの絵の絵には複数の人が描いてあります。これらの人々の動作を適切に描写できるかが質問のねらいです。

気をつけることは文章はすべて現在進行形で答えること。

現在進行形の文法は be + doing です。

試験前準備は自分の動作で練習すると面白いでしょうね。

自分の動作の場合:

I am drinking orange juice.

I am taking a picture.

I am washing dishes.

学校に行く途中に目にした人に対して:

A man is carrying a box.

A girl is riding a bicycle.

自分の家族に対して:

My grandfather is using a computer.

などなど

分からない動作があれば調べると語彙も増えますね。

3番目の質問

Bの絵は特徴があります。

受験者が2つポイントに気がつくように書かれています。

  • それら2点を答えた場合 ハイスコア獲得
  • 1点を答えた場合    普通のスコア獲得

4番目の問題

質問は Do you think ~? で始まります。

yes か no で答える問題です。

まずはきちんと 質問に yes か no で答えます。

重ねて、面接委員が質問します。

  • Yes. と答えた場合 ⇒ Why?
  • No.  と答えた場合 ⇒ Why not?

その理由を聞いています。

  • 理由を2点述べたら ハイスコア獲得
  • 理由を1点述べたら 普通のスコア獲得

受験者自身の yes か no の答えよりも、理由が2つ言いやすい方の答えを優先するほうがスコア獲得しやすいかもしれません。

英語学習初級者の特徴は自分のことを英語で伝えることができることです。中級になってくると一般的な世間話ができることも要求されます。

2つの理由のうち1つは一般的なことを理由にするとハイスコア獲得に繋がるでしょう。

5番目の問題

4番目の問題とほぼ同じです。

質問は Do you do(一般動詞) ~~? で始まります。

yes か no で答える問題です。

まずはきちんと 質問に yes か no で答えます。

重ねて、面接委員が質問します。

  • Yes. と答えた場合 ⇒ Why?
  • No.  と答えた場合 ⇒ Why not?

その理由を聞いています。

  • 理由を2点述べたら ハイスコア獲得
  • 理由を1点述べたら 普通のスコア獲得

受験者自身の yes か no の答えよりも、理由を2つ思いついた方の答えを優先するほうがスコア獲得しやすいかもしれません。

おまけ

どの級の面接試験でも共通のお約束があります。

  • 日本語を話さない。(うっかり日本語で答えた時は、英語で説明するとダメージが回復できます。)
  • 沈黙しない。

まとめ

以上が今現在までの準2級スピーキングテスト対策のまとめです。

これで試験に安心して臨めますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日のところはここでおしまい。



-英語, 英語試験
-, , , , ,

© 2020 Lucyblog Powered by AFFINGER5