英語 英語試験

家庭でできる親子で取り組む【英検3級対策】ライティング編

こんにちは、ルーシーといいます。

英語オタクでアメリカの大学に進学した日本人大学生のお手伝いをお仕事にしています。最近は中学生に英語を教えています。

近年の英検3級の問題を見て驚きました。以前より難しくなっています。特に難しいと感じたのはライティングです。

というわけで、今日はご家庭でできる実用英語技能検定3級ライティング対策のまとめてみました。

英検3級のライティングとは

英検3級には1次試験と2次試験があります。

1次試験受験後に結果が届きます。1次試験に合格した人が2次試験に進みます。

1次試験はリーディング、ライティング、リスニングの技能試験。2次試験がスピーキングの技能試験です。

1次試験の構成は最初にリーディングとライティング(50分)次にリスニング(25分)が行われます。

実用英語技能検定ホームページはこちら

ライティングをあなどれないその理由

ライティング試験対策なんて面倒、だったらほかの技能試験で点数を取ればよいと考えていませんか?

いえ、いえ、それは甘い。

なんと配点は1次試験の約3分の1も占めるのです。

受験者はライティング対策必須ですね。

英検3級ライティングにかけれる回答時間は15分

リーディングとライティングの試験時間は合わせて50分。受験者各自時間配分できます。

リーディング問題は合計30問あることを考慮すると、ライティング回答にかける時間はおおよそ15分前後になるでしょう。

長いのか短いのかは個人によるところでしょうが、普通の英検受験者はストレスを感じるかもしれません。

ライティング試験対策に取り掛かりましょう。

家庭でできるライティング対策をお伝えします。

過去問題を調べる

本屋さんで過去問題の問題集を購入できます。

あるいは英検のホームページで過去3回分の問題が掲載されています。過去問題に加え、リスニング音声、リスニング原稿、解答なども公開されています。

実用英語検定ホームページ英検3級過去問題

 

問題を理解する

問題説明をよく読んでおきましょう。

過去問題を通してわかることは、問題の指示は毎回ほぼ同じということです。

事前に読んでおくと試験中に問題の指示を読む時間を節約できます。

問題説明は以下の通りです。

  • あなたは、外国人の友達から以下のQUESTIONをされました。
  • QUESTIONについて、あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
  • ご数の目安は25語~35語です。
  • 解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合には、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

この問題説明で気をつけることがいくつかあります。

  • 指示に従うこと

基本的なところでいうと、必ず回答欄の中に文章を書くこと。

文章を少なくとも3文書くこと。あなたの考えとその理由で3文。

  • 外国人の友人からの質問としていされている。

あえて外国人の友人からの質問と書いてあるのには理由があります。すなわち日本の文化慣習を知らない人ということを意味します。日本のことを知らない人に説明をすると受け止めても良いでしょう。ということは、固有名詞を使う際に注意が必要です。固有名詞を使う際には、普通名詞で言い換えたり普通名詞で説明を加えたりなどの工夫が必要です。

例)

I want to go to USJ.

わたしはUSJに行きたいです。(USJを知らない人には何のことか伝わらない。)

書き換えた文章

I want to go to a big amusement park in Osaka.  わたしは大阪にある大きな遊園地に行きたいです。

問題の型を研究する。

いくつか問題にパターンがあることに気がつきます。

例)Do you like ~? 好きかを尋ねる疑問文。

Which do you like A or B? AかBかどちらが好きか尋ねる疑問文。

What do you want to ~? 何がしたいかを尋ねる疑問文

などなどです。

答え方の型を身につける。

問題ではあなたの考えとその理由2つと指示があります。

この順番で文章を書きましょう。

英語の文章を書くのに慣れていない場合は、中学校の英語の教科書の後ろにある例文と単語の徹底的な暗記がおススメです。

ライティング作業の時間配分

ライティングに費やす15分の内訳は、考えてまとめるのに約4分、英作文を書くのに約8分、推敲に約3分が適当でしょう。

AIを利用する。

英語の文法があっているか分からないときのおすすめアプリです。

文法の間違いをAIが指摘してくれます。

Grammarly

1Checker

AIに翻訳してもらう

日本語の下書きメモを書いて英語表現が分からないときは、AIに相談するのも解決方法ですね。

Flitto

使い方は簡単。

  1. 真ん中にある二つのボックスの上の段に日本語→英語と設定します。
  2. その下の大きなボックス右側に翻訳してほしい日本語の文章を入力します。
  3. あとはその下の”翻訳する”ボタンをクリックするだけ。

有料で文章を添削してもらう。

英文に自信がないときは有料の英語添削サービスの利用もあります。

アイディは24時間対応の有料英文添削サービスです。世界中の英語専門家が24時間いつでも添削をしてくれます。価格は1回166円から。 iOS/Andoridアプリに対応。

今だけメンバー登録で1200円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中!

オンライン英語添削[アイディー]

 

まとめ

実用英語技能検定は年に3回あります。本年度第1回目の試験は諸事情により試験日程変更がありました。

試験対策できる時間が増えてよかったなと思います。英検は入学試験や就職試験で役に立つ試験の一つです。

自分の英語力を判断する基準にもなります。英検受験が英語学習継続の励みになればよいなと思います。

 



-英語, 英語試験
-, , ,

© 2020 Lucyblog Powered by AFFINGER5