英語 英語学習

【英語学習初心者向】パラグラフに絶対必要なトピックセンテンスについて

こんにちは、Lucyといいます。

アメリカ留学中の日本人大学生のサポートをお仕事にしています。

今日の記事はパラグラフに欠かせないトピックセンテンスについてです。

記事をおススメするのは

  • 試験でエッセイが必要な方
  • パラグラフ構成に興味のある方
  • トピックセンテンスはどこにあるか知りたい方

英語の4技能は読む・書く・聴く・話すの4つ。

英語民間試験ではこれらの4技能の試験があります。

2017年度からは実用英語技能検定3級,及び準2級にもライティングが導入されてます。

いまやライティングは必須。これから英語民間試験の受験を考えている方は受験準備が必要なのです。

とはいえ、英語学習者にとってライティング学習まではなかなか行き届いていないのが現状。

今日はパラグラフに必要なトピックセンテンスについてやさしく説明します。

 

トピックセンテンスとは

トピックセンテンスはパラグラフの中でとても大切な要素です。

ひとつのパラグラフに必ずトピックセンテンスがあります。

  • トピックセンテンスはそのパラグラフで一番伝えたい内容。

パラグラフの中でそのパラグラフのトピックセンテンスに関連したことだけを書きます。

 

トピックセンテンスはパラグラフのどこにある?

一般的に、トピックセンテンスはパラグラフの一番最初です。

前の段落の内容を受けてから、その段落のトピックセンテンスが続いている場合もあります。

スピーチやエッセイでは9割は一番最初の文章です。

トピックセンテンスに何が書いてあるの?

パラグラフのトピックセンテンスはそのパラグラフ全体の主題をまとめたものです。

トピックセンテンスを読めばそのパラグラフに何が書いてあるのかわかるしかけです。

トピックセンテンスが大切なわけ

トピックセンテンスはパラグラフの中で一番伝えたいこと、つまり内容のまとめです。

 

エッセイ、文章、論文などで、ひとつのパラグラフにひとつのトピックセンテンスがお約束。

トピックセンテンスで書いている人の考えがまとめてあると、そのパラグラフで何を伝えたいのか読者にはっきりとします。

トピックセンテンスに何をどう書くの?

トピックセンテンスはパラグラフをまとめている全般的な文章。

かつ、読者がパラグラフ全体の主題やポイントを理解できるよう具体的に書きます。

トピックセンテンスを決めるときのガイドライン

 

  • トピックセンテンスにはパラグラフの主な考えやポイントを書きます。パラグラフを読み返して主な考えやポイントについて熟考して、より適切なトピックセンテンスを書きます。

 

  • パラグラフの中のトピックセンテンス以外の文章(トピックセンテンスを支える役割をします。)は、トピックセンテンスを発展させたり説明する役割です。パラグラフの中のそれらの文章を読んで、文章が伝えたい内容を絞り込んでトピックセンテンスを書きます。

 

  • トピックセンテンスは一般的すぎでもなく、具体的すぎでもないぐらいがちょうど良いです。トピックセンテンスには、具体的な内容を書くのではなくパラグラフ主題をまとめて書きます。その後具体的な文章を書いて、読者にパラグラフ主題への理解を深めてもらいます

分かったような気もするし、ちっとも分からないような気もします。

初めは戸惑うけど、慣れたら大丈夫。(^^)

少し練習してみよう。

 

 

トピックセンテンスを見つけよう

それではトピックセンテンスを探す練習です。2問あります。

Question 1.

キング牧師の有名なスピーチからの引用です。(Martin Luther King, Jr.'s "I Have a Dream" speech)

次のパラグラフのトピックセンテンスはどの文章でしょうか

In a sense we've come to our nation's capital to cash a check. When the architects of our republic wrote the magnificent words of the Constitution and the Declaration of Independence, they were signing a promissory note to which every American was to fall heir. This note was a promise that all men, yes, black men as well as white men, would be guaranteed the "unalienable Rights" of "Life, Liberty and the pursuit of Happiness." It is obvious today that America has defaulted on this promissory note, insofar as her citizens of color are concerned. Instead of honoring this sacred obligation, America has given the Negro people a bad check, a check which has come back marked "insufficient funds."

キング牧師の肉声です。リスニング対策を兼ねて聞いてみましょう。

音声はこちらから

トピックセンテンスはIn a sense we've come to our nation's capital to cash a check.です。

 

Question 2.

こちらはアメリカのケネディ大統領の大統領就任式でのスピーチより、一部抜粋です。

次のパラグラフのトピックセンテンスはどこにあるでしょう?

The world is very different now. For man holds in his mortal hands the power to abolish all forms of human poverty and all forms of human life. And yet the same revolutionary beliefs for which our forebears fought are still at issue around the globe-the belief that the rights of man come not from the generosity of the state but from the hand of God.

こちらはケネディ大統領の実際の肉声です。リスニング対策を兼ねて聞いてみましょう。

音声はこちらから

 

トピックセンテンスは一番最初のThe world is very different now.です。

まとめ

文章の種類にもよりますが、エッセイやスピーチにおいてトピックセンテンスの場所はパラグラフの最初の部分にあります。

パラグラフにおけるトピックセンテンスの役割を理解するとライティング力のレベルが上がります。

またトピックセンテンスに目を通すだけでパラグラフに何が書いてあるか推測できるようになり、リーディングの効率が上がります。

トピックセンテンスを制する者はライティングを制すとも言えます。

スピーチ資料は Top100 Speeches of the 20th Century - American Rhetoric より引用しています。

アメリカの有名なスピーチがここで読んだり聞いたりできます。

時代を経て、いつでも好きな時にスピーチに触れることができるなんて技術の進歩はすごいです。

work cited

Top100 Speeches of the 20th Century - American Rhetoric

https://www.americanrhetoric.com/newtop100speeches.htm

Martin Luther King, Jr.'s "I Have a Dream" speech

https://www.americanrhetoric.com/speeches/mlkihaveadream.htm

John F. Kennedy, Presidential Inaugural Address, delivered 20 January 1961

https://www.americanrhetoric.com/speeches/jfkinaugural.htm



-英語, 英語学習
-, , ,

© 2020 Lucyblog Powered by AFFINGER5